大学と社会の往復作業を続ける理由

幼児教育者をめざす学生が学ぶ短期大学で、15コマを担当する夏期集中講義が終わりました。

2校の短期大学の非常勤講師として教壇に立ち始めて、早いもので10年になります。

そもそも、私がなぜ、大学の非常勤講師を続けているのかというと、その理由は明快です。

多くの優秀な幼児教育者(特に保育士)を育成しなければ、女性が安心して子供を預けて働くことが難しくなるからです。

さらに言えば、多くの優秀な幼児教育者を育成することは、我が国の女性の活躍推進を後押しすることにつながると考えるからです。

私にとって、大学におけるZ世代と呼ばれる若い皆さんとの交流は、社会人教育に携わる上でも非常に意味があります。

私自身が大学講師だからこそ、Z世代の部下をもつ役員や管理職の皆さんに対して、通訳のような役割を果たすことが可能となります。

逆に、社会に足場をもつ教員だからこそ、ビジネス社会の現実や、求められる人材像や知識、スキル、コンピテンシーなどを、リアルに学生の皆さんへ伝えることができます。

これからも大学と社会の「往復作業」を続けながら、「Z世代の部下」と「昭和世代の上司」の関係に、役立つアプローチができればと考えています。

Top
タイトルとURLをコピーしました