短期大学で「秘書概論」の授業をしました。

今回学ぶ秘書の業務は、秘書部門が行う「経営サポート業務」ですが、その最大の業務は「危機管理業務」です。

「危機管理業務」は、すでに起こったトラブルがさらに悪化しないように対応する「危機管理」と、これから起こる可能性がある危機や危険に備える「リスク管理」があります。

企業の存続を脅かすリスクとしては、情報漏洩やサイバー攻撃などの「オペレーションリスク」や、大規模地震や感染症などの「自然災害リスク」などが挙げられます。

これらの対応には、臨機応変な判断と柔軟な対応が求められますが、一般的に、経営サポート業務を女性秘書が単独で行うことは稀です。

他方、経営サポート業務の一環として、女性秘書は役員の「イメージブランディング」に積極的に関わり、「エグゼクティブ・プレゼンス」を構築、発信することが重要です。

「イメージブランディング」とは、役員のプラスの印象を際立たせ、戦略的にイメージづくりをすることですが、役員のイメージは経営にも大きな影響を与えるため、今後ますます重要な業務となることが予測されます。

次回の授業は、秘書の業務の最後となる「コーディネート業務」について学びます。