グローバルに物流サービス事業を展開されている海運会社さまが主催された「ハラスメント防止研修」の講師を務めました。

本研修は、本年の6月に開催された「パワーハラスメント防止研修」の第二弾として、セクシャルハラスメントをテーマに開催されました。

職場のマネジメントを担う管理職にとって、ハラスメントやメンタルケアの問題は、いまやリスクマネジメントの観点からも避けては通れない問題です。

昭和の時代を懸命に働き、令和の時代に上司となった管理職にとって、同じ職場で共に働く部下は、上司とは全く違う意識や価値観をもつイマドキの部下です。

ダイバーシティ&インクルージョンやワークライフバランスといった教育を受けて育った部下は、同じ企業で定年まで働くことなど想定外。

さらに、固定的役割分担意識とは無縁で、ハラスメントに対する感じ方やとらえ方が、上司世代とは大きく違います。

そのような部下に、上司はどのように向き合えばよいのか。

いつの時代も上司にとって、避けては通れない重要課題です。