内閣府が初めて実施した、性別に基づく無意識の思い込み(アンコンシャス・バイアス)についての調査結果が発表されました。

調査結果によると、回答者の76.3%が、何らかの性別による無意識の思い込みが「ある」と回答したことがわかりました。

調査は性別による役割や思い込みに関する36項目について尋ねたものですが、家庭・コミュニティシーンについては、男女ともに、「男性は仕事をして家計を支えるべきだ」(男性50.3%、女性47.1%)が一位。

職場シーンについては、一位が「育児期間中の女性は重要な仕事を担当すべきでない」(男性31.8%、女性30.7%)。

二位は「組織のリーダーは男性の方が向いている」(男性25.7%、女性22.4%)。

このことから、本調査は、家庭や職場で「家事は女性」「男性は仕事で家庭を支える」といった固定観念が男女双方に強く残っていることが浮き彫りになったとしています。

また、本調査は、男性の方が仕事と家事の分担に関して、性別役割分担意識が強く、男女ともに、年代が高いほど性別役意識が強いと分析。

これらの思い込みは、男女共創社会の実現を妨げる要因にもなるだけに、既存の価値観に固執せず、新しい価値観にも柔軟でありたいものです。