短期大学で「秘書概論」の授業をしました。

今回 学ぶ秘書の業務は、「総務・庶務的業務・冠婚葬祭業務」です。

まず、「総務・庶務的業務」にあたる業務は、「総務・経理・庶務業務」「環境整備業務」です。

「総務・庶務業務」は、印鑑や名刺などの管理や出納作業、各種事務手続きや社外各種団体との連携や手続きなど、非常に多岐にわたります。

次に、「冠婚葬祭業務」ですが、この冠婚葬祭業務は、人間関係を円滑にし、企業活動を円滑にする上で重要な役割を果たします。

主な内容としては、慶事、弔事、お見舞い、贈答、年中行事が主な領域です。

本講義では、慶弔業務やお見舞いに関するマナーと共に、表書きや中袋の書き方、お金の包み方やふくさの扱い方などについて、具体的に学びました。

「不祝儀袋に包むお札は、なぜ新券ではいけないのか」

「正しい中袋の金額の書き方とは」

学生の皆さんにとっては、何もかもが目新しいことばかりですが、基本をしっかりと身につけることが重要です。

次の授業では秘書の「経営サポート業務」について学びます。