短期大学で「秘書概論」の授業をしました。

今回 学ぶ秘書の業務は、「情報ネットワーク業務」です。

この「情報ネットワーク業務」にあたる業務は、「スケジューリング」と「文書業務」の二つです。

まず、秘書が貴重な役員の時間を預かり、スケジュールを組むということは、役員の仕事を組み立てることであり、秘書の重要な業務の一つです。

それだけに、役員の時間を最大に効果的、かつ効率的に使うためのいくつものコツがあります。

今回の授業で学んだそれらのコツは、皆さん自身のスケジュールを立てる際にも使えるスキルですので、今後の生活において大いに活用して欲しいところです。

次に、秘書が行う文書業務ですが、この業務は、文書作成や文書の取り扱いに関する幅広い知識と、高いスキルが求められるため、秘書の業務の中でも難易度が高いといえます。

今回の授業では、就活時には必須の儀礼文書の書き方や、返信ハガキの書き方を学ぶ演習に取り組んでいただきながら、実践力の向上をめざしました。

5回目となる次の授業では、秘書が行う「総務・庶務的業務」について学びます。