金属関連企業さまが、女性社員の皆さまを対象に主催された「接遇力向上研修」の講師を務めました。

本研修は、女性の活躍を推進するために、さらなる女性の能力開発をとの企業さまのご意向により実施されました。

今回のご研修に参加されたのは、本来は事務職として働きながら、一本の電話や一回の来客応対で、社の営業成績を後押し、企業に貢献されている方々です。

女性の活躍推進といえば、とかく女性の管理職登用がフォーカスされがちですが、事務職のようなアカウント部門であっても、その仕事の質を上げることにより、企業に貢献し活躍することは充分に可能です。

そのため女性の活躍を推進するに当たっては、女性が望む活躍の形も人それぞれであることを考慮し、多様性を認めることが重要です。

本研修では、電話応対や来客応対等を中心に、相手に好感をもたれる、かつ、気がきく接遇スキルの習得をめざし、全員で何度もロールプレイを繰り返しました。

接遇は、人と人、企業と企業の関係を左右する大切な任務の一つだけに、本研修を機に、皆さまの接遇スキルがさらに向上することを期待しています。