地方銀行さまが開催された「新入社員研修」の講師を務めました。

新型コロナウイルスの変異種の感染拡大が全国的に懸念される中、本研修は、オンライン形式の公開講座として企画され、2回に亘り開催されるものです。

新入社員研修といえば、従来は4月の入社後すぐに行われることが多かったのですが、昨今では、入社から少し落ち着いた段階で、一定の期間を確保して、じっくりと実施なさる企業が増えているようです。

ところで、新入社員研修といえば、通常多くの方々が苦手意識を示すのは、敬語と電話応対です。

昨今の新入社員からは、「そもそも、なぜ職場で鳴る電話を新入社員が取らなければならないのか」との声があがり、彼らに電話を取ることを求める行為は、「テレハラ(テレフォンハラスメント)」だという言葉さえ生まれています。

新入社員がビジネスの基本を習得することは当然必要なことですが、若手社員の特性も考慮しながら、そろそろ「働かせ方」についても見直す必要がありそうです。

本研修は、来月に続きます。