女性の活躍推進に社をあげて取り組まれている企業さまが主催された「女性社員のためのダイバーシティセミナー」の全日程が終了しました。

本研修は、全4回に亘り開催され、4拠点で勤務されている全女性社員の皆さまが参加されました。

本研修のテーマは、「自己理解」と「他者理解」であり、本研修を進めるに当たっての一つのキーワードは、「ダイバーシティ&インクルージョン」です。

そもそも、ダーバーシティとは「多様性」を意味しますが、多種多様な価値観や考えをもつ人材が、ただ集まっているだけでは意味がありません。

その多種多様な人材が、互いに受容しながら、作用し合って機能する「インクルージョン」が伴ってこそ、多様な価値が生まれるといえます。

とはいえ、同じ職場で働く個々人は赤の他人であり、価値観や労働観は千差万別、人それぞれ。

ましてや、それらは目には見えませんので、職場におけるダイバーシティ&インクルージョンの実現は簡単なことではありません。

ですが、他者を受容し理解するには、まずは自己理解を深めることから。

本研修での気づきが、これからの皆さまの「自分らしく」につながることを期待しています。