本年も残すところあとわずかとなりました。

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が未曾有の危機に直面する一年となりました。

まずは、新型コロナウイルスにより亡くなられた方々のご冥福を祈念いたしますと共に、罹患された方々の1日も早いご回復をお祈り申し上げます。

また、医療現場をはじめ、あらゆる分野でこの新型コロナウイルスとの戦いに一歩も引かず、日々奮闘してくださっている全ての方々に、心より感謝を申し上げたいと存じます。

本来ならば、本年はオリンピックが開催され、日本中が躍動と感動に包まれる一年となるはずでした。

ところが、未だ新型コロナウイルスは収束するどころか、この先の展望すら見えません。

しかし、そのような希望が見えない時だからこそ、あえて「希望」をもって前に進むことが、未来をひらく要諦ではないかと感じています。

最後になりましたが、本年も皆様方より賜りましたご厚情に心より感謝申し上げますと共に、明年もさらなるご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

皆さま、どうぞ佳いお年をお迎えくださいませ。