短期大学で「秘書概論」の講義をしました。

本日の講義は「秘書と情報マネジメント」です。

秘書は情報の窓口となって、膨大な情報と向き合い、その情報を取り扱いながら職務を遂行することが求められます。

そのためには、まず情報を理解した上で、必要に応じて編集し、適切なコミュニケーションツールを使い分けながら、その情報を的確に伝達するスキルを身に着けなければなりません。

また、秘書は氾濫する情報を交通整理しながら、その真偽を見極めて取捨選択したり、伝達する優先順位を考慮することも必要です。

さらに、重要事項や機密事項といった、上司に必要な情報を入手することができるネットワークを日頃から築いておくことも重要なことです。

このように、秘書の情報を取り扱う能力は、上司の仕事の成果に非常に大きな影響を及ぼすため、秘書は情報マネジメントの能力を高め続けなければならないのです。

年内最後となる次の講義は、「秘書とタイムマネジメント」です。