短期大学で「秘書概論」の講義をしました。

今回 学ぶ秘書の業務は、「総務・庶務的業務」です。

この「総務・庶務的業務」にあたる業務は、「総務・経理・庶務業務」「冠婚葬祭業務」「環境整備業務」の三つです。

まず、「総務・経理・庶務業務」は、印鑑や名刺などの管理や出納作業、各種事務手続きや社外各種団体との連携や手続きなど、非常に多岐にわたります。

次に、秘書が行う「冠婚葬祭業務」は、人間関係を円滑にし企業活動を円滑にする上で、重要な役割を果たします。

そのため、冠婚葬祭業務に携わる秘書は、慶事・弔事対応やお見舞い、贈答に関する基本的な知識やスキルを身につけると共に、昔からの習わしや現代の新しい流儀にも精通し、臨機応変に対応する力が求められます。

本日、演習を通して学んだ慶事対応については、ビジネスシーンだけでなく、これからの社会生活においても必要なスキルですので、この機会に習得することをぜひ心がけて欲しいものです。

次回の講義は、秘書が行う「冠婚葬祭関連業務」についてです。