電機メーカーさまが主催された「ハラスメントにならないコミュニケーション術セミナー」の講師を務めました。

管理職の皆さまが参加された本研修は、「ハラスメントと誤解されない」、また、「ハラスメントを未然に防ぐ」ために必要な部下指導術やコミュニケーション術の習得を目的に開催されました。

そもそも企業におけるハラスメントを防止するためには、一定の権限を与えられている管理職が、ハラスメントに対する理解を深めると共に、マネジメントやコミュニケーションのスキルを向上させることが重要です。

しかし、何よりも重要なのは、「ハラスメントはあってはならない人権問題である」との意識を管理職の皆さまが共有できるかどうかです。

そのための一つの取り組みとして、企業のトップ自らが、「ハラスメントを職場からなくすべきである」との意思をトップメッセージとして発信するケースは多いものです。

しかし、トップメッセージにもまして、本研修を後押ししてくださったのは、思いがけなくオブザーバーとしてご臨席くださった社長のお姿に他なりません。

学びの秋、全社をあげて取り組まれる本研修は、まだまだ続きます。