電機メーカーさまが主催された「ハラスメントにならないコミュニケーション術セミナー」の講師を務めました。

2カ月にわたり、全管理職の皆さまが受講される予定の本セミナーは、本日が2回目の開催となり、管理職の皆さまの約半数の方々が、すでに受講されたことになります。

本セミナーでは、ハラスメント対策の研修で重要なキーワードである「差異」と「多様性」を実感していただくためにも、いくつかのワークに取り組んでいただきました。

このようなワークを通して、管理職が向き合わなければならないイマドキの部下との間に存在する文化や常識、価値観の違いを知ることは、ハラスメント防止に実に大きな効果をもたらします。

また、同じ管理職であっても、自分と違う考え方や価値観を理解することは、自身のコミュニケーションや部下指導に役立つ多くの気づきやヒントをもたらします。

一人ひとりの差異を認め、多様性を尊重できる上司をめざし、本セミナーはまだまだ続きます。