2日間にわたり、短期大学で「夏期集中講義」を行いました。

本年度の前期は、多くの授業がオンラインに切り替わり、学生の皆さんは、登校もままならない日々が続いていましたが、後期はオンライン授業と対面授業の双方を組み合わせ、授業ができるようになりました。

とはいえ、授業においては、マスクの着用や教室の換気の徹底をはじめ、グループワークは不可となり、資料の手渡しは禁止するなど、実に多くの制限が存在します。

また、後期に予定されている学外実習は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、縮小や中止となる可能性が全くないとは言えず、学生の皆さんにとっては、重要な学びの機会が奪われてしまう可能性は残ります。

ここのところ一部の地域を除いては、新型コロナウイルスの感染状況は少し落ち着きを見せているようですが、大学の授業については引き続き、模索の日々が続くようです。