「緊急事態宣言」が、ついに発令されました。

人類が初めて遭遇するこの新型コロナウイルスとの闘いは、明確なゴールが見えないだけに、日に日に不安や恐怖心が増しているようです。

そのような中、連日の報道を通して耳にするのは、自国のリーダーをはじめ、各国の首脳陣や世界的な関係機関のリーダーの実にさまざまな発言です。

「なぜ、自宅待機をしないのか」と感情をあらわに力説するリーダーの姿からは、確かに平時の時ではないという緊迫感は伝わってきます。

その一方で「なぜ、自宅待機を要請するのか」を実に冷静に、科学的根拠に基づいて理路整然と語りかけるリーダーの姿があります。

その姿からは、リーダーの人間性が透けて見えるほどに伝わり、その発言は聞き手側に確かな納得を与え、いま求められている行動を促す可能性は高いと感じます。

待ったなしのこの危機的状況下で、どのような想いで、何をどう語れば、受け手に納得を与え行動を促すことができるのか。

有事の時にこそ、リーダーのコミュニケーションのあり方が問われています。