短期大学で「秘書概論」の講義をしました。

本日学ぶ秘書の業務は、「コーディネート業務」です。

このコーディネート業務の主な内容は、「出張業務」「会議・会合業務」「行事・イベント業務」「会食業務(宴席アレンジ)」の4つです。

秘書がこれらのコーディネート業務を遂行するためには、あらゆることを「先読み」し、「臨機応変」に対処する能力が求められます。

特に、出張と会食(宴席)のコーディネートは、交通機関やホテルの手配から、メニューや席次の決定、手土産の手配など、多岐にわたるコーディネートを行うため、基本的な知識に加え、日々の情報収集や細やかな気配りなどが求められます。

そのため、コーディネート業務は、秘書のセンスが問われると共に、企業や組織のイメージにも大いに影響を与える業務だといえます。

次の講義は、女性秘書が担当することは比較的少ないとされる「経営管理業務」についてです。