公開講座「パワーハラスメントと誤解されない部下指導術セミナー」の講師を務めました。

パワーハラスメントの防止対策が法制化され、初めての開催となる本セミナーの目的は2点。

1点目は、パワーハラスメントの防止措置を義務づける「労働施策総合推進法」について、理解を深めていただくこと。

そして2点目は、管理職の皆さんの最大の関心事であるパワーハラスメントを未然に防ぐ部下指導術を習得していただくことです。

日々ビジネスの現場で、業務上の成果を上げながら、部下を育て続けなければならない管理職にとって、パワーハラスメントに対する対処法を身に着けることは、もちろん重要なことです。

しかし、それ以上に重要なのは、パワーハラスメントを「未然に防ぐ」ために、リーダー自身が今までの価値観に固執することなく、コミュニケーションスキルやマネジメント力を向上させ続けること。

部下の成長や組織の発展のために、まずはリーダー自らが、日々成長し続ける存在でありたいものです。