司法の現場で重責を担い、日々奮闘されている主任書記官、主任調査官の皆さまを対象に開催された「リーダーコミュニケーション研修」の講師を務めました。

組織の柱であり、まさに要である管理職には、さまざまな相手とのコミュニケーションが存在します。

そこで本研修では、日々の業務の中で、管理職が直面する上司や部下とのコミュニケーションについて、さまざまな課題に取り組んでいただきました。

「上司との仕事の相性をよくするコミュニケーションの極意とは」

「SNS世代の部下を考える人材に育てるコミュニケーションとは」

「年上の部下を活かすコミュニケーションのポイントとは」

管理職にとってコミュニケーションは、ビジネスにおける必要不可欠な武器であり、組織においては生命線。

変化、変化のビジネスの現場において、管理職こそ、自ら常に、成長し続ける存在でありたいものです。