短期大学で講義をしました。

本日の講義は、多くの就活生が苦手とするビジネス文書についてです。

SNSが普及したとはいえ、就職活動において就活生は、実に多くの文書を作成しなければなりません。

そこで昨今の就活生によく見られるのが、文書を作成する際にわからないことがあると、インターネットで検索し、知りたい情報や知識を手に入れるという方法です。

確かに、インターネットでキーワードによる検索をすれば、実に多くの情報や知識を得ることができます。

しかしそれでは、氾濫する知識や情報の一部を切り取ったに過ぎず、体系的な知識の中から、自分に必要なものを選び取ったことにはならない場合が多いようです。

自分が検索し手に入れた情報や知識は、総合的に判断した上で最も適切なものなのか。

一度立ち止まって考えることも必要です。