天皇皇后両陛下がご即位あそばされ、いよいよ新しい時代がスタートしました。
 
連日の報道で拝する天皇皇后両陛下をはじめとする皇族殿下方のお姿に、秘書として行啓やお成りに従事させていただいた当時の様々なエピソードや光景が、懐かしく思い出されます。

また、このたびのお代替わりに際し個人的に興味深く感じたのは、ご成婚以前にご就労経験がおありの初の皇后陛下のご誕生に注目するメディアの存在です。

最新の法務省の「労働力調査」によると、働く女性が50年ぶりに5割を超え、10年前に比べると、労働力率は全ての年代で上昇。

また、結婚や出産を経験する人が多い30代や40代の労働力率の落ち込みも改善している現状が示されました。

そもそも女性が働くことについては、当然ながら本人の意思が尊重されるべきですが、女性の働く意識や働く女性を取り巻く環境がこの先どのように変化するのか。

期待と希望をもって注目したいものです。