ビジネスシーンでは、“秘書は絶滅危惧種”などと言われていますが、それにも拘わらず、今もなお多くの大学では、秘書に関する学習が行われています。

また、ビジネスの基本を学ぶ若手社員のビジネス教育におていても、電話応対や来客応対、文書管理といった秘書の基本が学ばれています。

なぜなら、ビジネスパーソンに求められるビジネス基礎力は、まさに秘書の学習を通して、かなりの部分を習得することができるからです。

つまり、秘書力はビジネス基礎力の宝庫であり、“最強のビジネス基礎力”であるといえます。

時代の流れと共に、ビジネスのスタイルは変化し続けますが、ビジネス実務能力の開発のための早道として、学生時代から秘書について学ぶことは非常に有益です。

この秋から、当方も短期大学で秘書概論の講義を担当させていただきますが、秘書力を通して、学生の皆さんの能力開発に向き合っていければと考えています。