非常勤講師を務める短期大学の「秋期集中講義」が始まりました。

本講義を受講されたのは、幼稚園教諭や保育士、養護学校教諭をめざす学生の皆さんです。

この夏に観察実習を終えた皆さんの目に、現実の幼児教育の現場はどのように映ったのか聞いてみたところ、“楽しかった”と答えた学生が意外と多く、現実の厳しさより、将来への希望が大きく膨らんだ実習となったようです。

とはいえ、学生の皆さんがめざす幼児教育の現場は、決して楽しいことばかりではないのも事実。

だからこそ就活生には、”楽しい””だけでなく、その反対側にある“仕事の現実や厳しさ”をあえて、伝えることも重要なのだと感じます。