百貨店や商業施設に出店されている老舗婦人靴専門店さまが主催された、新入社員フォローアップ研修を担当しました。

久しぶりにお会いした皆さんは、想像以上に社会人らしい表情でしたが、この1カ月余りの業務体験の中で、さまざまな課題も見えてきたようです。
 
その見えてきた課題というのは、お客様への接客の課題はもちろんですが、上司や先輩との人間関係構築やチームワークの重要性など、企業に属して働く以上は、誰もが直面する課題です。

しかし、新入社員にとっては、この時期に、それらにきちんと向き合い、消化することが、非常に重要なことだと痛感します。

入社したかと思えば、ゴールデンウイークには退社するという新入社員も珍しくはない昨今、入社時の新入社員研修に比べ、揺れ動く時期のフォローアップ研修の実施については、企業によって大きな差があるのが現状です。

“鉄は鍛えぬれば剣と成す”とは先哲の言ですが、鉄を鉄のままで終わらせるか、剣に仕上げるのか。

新入社員の姿勢はもちろんですが、鉄を打つ企業側の姿勢も問われています。