百貨店や商業施設に出店されている老舗婦人靴専門店さまが主催された、新入社員研修を担当しました。

数日前までは学生だった新入社員の皆さまが、数日後には店頭に立ち、お客様に接客をなさる訳ですから、その緊張や不安は想像を超えるものがあるようです。

そこで、受講者の皆さまに現在の心配ごとを尋ねると、多くの方から返ってくる答えは、“お客様へのアプローチの仕方”と“電話応対”。

コミュニケーションはSNSが中心という比較的若い世代の皆さんにとっては、対面接客ならばまだしも、名指し人が自分以外という電話の応対をするのは余りない経験であり、それがビジネス上で求められるとなれば、その不安はなおさらのようです。

競合他社との競争が激化し、ネット販売が急増する昨今、今まで以上にお客様に対する“付加価値の提供”が求められるのは必定。

皆さまの新しいスタートが、接客を通して、自身を鍛え抜く日々でありますよう期待しています。