2018年は、入社4年目までの職員の皆さまを対象にした「タイムマネジメント研修」からスタートしました。

タイムマネジメントは、「成果」を意識してこそ初めて意味をもちます。

そのための考え方や具体的なスケジュールの組み立て方のコツについて、演習を通して学んでいただくと共に、ボスの時間を預かる秘書ならではのタイムマネジメントの極意などもご紹介しました。

研修修了後には、研修ご担当者から、「若手社員の頃から、タイムマネジメントを学ぶことは、非常に重要だと感じた」とのコメントも。

ビジネスにおいて、時間は重要な資源だけに、タイムマネジメントを制する者はビジネスを制す。

本研修が、今後の皆さまのさらなる「成果」につながることを期待しています。