司法の現場で法律のプロフェッショナルとして職務に従事されている方々を対象にした「次世代リーダー養成研修」を担当しました。

本研修の主な目的は、「中堅職員に求められる役割」について明確化し、キャリアパスを描くこと。

民間と公務では違いがあるのは当然ですが、中堅職員の主な役割としては、業務上の成果をあげることに加え、後進の育成と上司の補佐があげられます。

とはいえ、ビジネス人生において、自身の能力開発や後進の育成について学ぶ機会は多いものの、「上司の補佐」について学ぶ機会は、非常に少ないのが現状です。

しかし、組織で働く以上は、上司のいない部下など存在するはずもなく、また、ビジネスパーソンにとって、良くも悪くも大きな影響を及ぼすのが上司と部下の関係。

今回ご紹介した「上司補佐力」は、部下としての自身の価値を高めるだけでなく、ビジネス人生を理想に近づけるためにも、上司をもつ全ての部下に、ぜひとも学んでいただきたいプログラムのひとつです。