ライフライン施設の維持、管理などの業務を担う企業さまが主催された「パワーハラスメントと誤解されない部下指導術セミナー」の講師を務めました。

本研修には、各拠点で部下を抱え、第一線で活躍されている管理職の皆さまが参加されました。

多くの管理職の方々の関心事は、「行き過ぎた指導」と「パワーハラスメントに該当しないもの」の区別について。

また、もう一つの関心事である「効果的な部下とのコミュニケーションの取り方」については、いくつかのグループワークに取り組んでいただきました。

研修の最後に行った意見交換では、「パワーハラスメントと誤解されないためには、部下とのコミュニケーションと信頼関係が重要」とのお声が多く聞かれました。

いかに、一人ひとりの部下に向き合っていくのか...上司の「忍耐と挑戦」の戦いに、ゴールはありません。