短期大学で講義をしました。

本日の講義を受講されたのは、保育士や幼稚園教諭、養護教諭などを志す約300名の学生の皆さんです。

マナーやコミュニケーションというと、立ち居振る舞いの「形」や言葉遣いの「正しさ」ばかりに目が行きがちですが、それらを身につけただけでは、他者との良い関係を築くことはできません。

もちろん、コミュニケーションの基本的な「形」や「正しさ」をきちんと身につけることは、皆さんにとって、非常に重要です。

しかし、忘れてはならないのが、コミュニケーションを取る主体者である自分自身の「心」を磨くこと。

「心こそ大切なれ」

今回の講義を通して、その一点を皆さんと共有できたことは、私にとっても非常に有意義なことでした。

次の講義も楽しみにしています。