「ビジネス文書術」スキルアップセミナーの講師を務めました。

ジャーナリストの池上彰さんも『「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!』とおっしゃっていますが、なかでも「書く」能力については、なかなか学ぶ機会に恵まれないだけに、個人差が非常に大きいスキルのひとつだといえます。

現在のビジネス文書に関する問題のひとつに、ビジネスメールを利用するのであれば、ビジネス文書の中でも非常に難易度の高い儀礼文書を書く能力を身につけなければならなくなったことが挙げられます。

つまり、少し前まで紙に書いていたものをメールというツールに変えるだけで、文章を書く能力が必要だという事実は、今までとなんら変わらないということです。

ビジネス文書に関するセミナーでは恒例のことですが、本セミナーでも実にさまざまなご質問が続々と。

「書く力」の必要性と重要性が、今後ますます高まることは、どうやら間違いなさそうです。