今回のコミュニケーション研修を受講されたのは、入社4年から10年を迎える中堅社員の皆さまです。

中堅社員と言えば、各職場で業務遂行における中心的役割を担う、まさに「業務の要」ともいうべき存在。

そこで、今回の研修では、円滑な業務遂行には欠かせない「報連相」のスキルの向上をめざし、実に多くの課題に取り組んでいただきました。

最初は戸惑いながら、かなりの時間を要していたケースメソッドも、回を繰り返すごとにかかる時間は驚くほど短くなり、さまざまなアイデアが続々。

その適応能力や順応性の高さには、目を見張るものがありました。

また、研修終了後に主催者が回収されたフォードバックシートには、「多くのグループワークで、実際に色々な人とコミュニケーションが取れてよかった」とのコメントが多く寄せられました。

まさに「実践こそ力」…研修で体得されたその力が、日々の業務や人間関係の構築に、一つでも多く活かされることを期待しています。