ある法人さまよりご相談を承って約一年、ついに秘書室が発足し、2名の秘書が誕生しました。

「役員の動きの激化に伴い、サポート機能を強化したいので、とにかくおめにかかりたい」との一本のお電話から始まったこのミッション。

もちろん、役員の方に対するサポート機能は従来から存在していたものの、そこは業界トップの法人さま。

本体秘書室の体制や秘書的機能が、余りにも盤石であること、また、役員の方々のセルフマネジメントの能力が、非常に高いことも手伝い、地方において「専任で役員の補佐をする秘書」の不在が続いていました。

そこで、秘書のタイトルの設定に始まり、男性秘書と女性秘書の役割分担、地域性を考慮した対外的なネットワーキングの進め方など、さまざま懸案事項について、アドバイスをさせていただきました。

「秘書不要論」は未だ根強く、秘書は「絶滅危惧種」とも言われていますが、役員のさらなる「価値創造」のためには、経営陣と秘書の「価値共創」が不可欠。

今後ますます「プロフェッショナルな秘書」の存在と活躍が望まれます。