管理職の皆さまに続き、今回の「コミュニケーション研修」を受講されたのは、おおむね社会人経験が10年以上のいわゆるベテラン社員と呼ばれる皆さまです。

技術系の仕事に長年従事されている方々が蓄積されたノウハウや経験は、企業にとっては宝であり、ベテラン社員の皆さまは、名実ともに各職場の業務の要です。

とはいえ、後に続く若手社員とは、コミュニケーションの取り方が大きく違うのも事実。

そして、その違いゆえに、ベテランの皆さまの貴重な経験やノウハウが、若手社員に継承されないなどということがあれば、それこそ、企業にとっては由々しき問題です。

社のためにも、若い後継の人材のためにも、ベテランの皆さまにしか担うことができない、皆さまだからこそ、実現できる大きな役割があります。
 
そのためにも、まずは、違いを知ること。

そこから、始まる新しい化学反応は、さらに大きな価値を生むことは間違いないはずです。