短期大学で2回にわたり、ビジネス文書力を強化する講義を行いました。

本講義は、単に就職活動に必要なスキルだけでなく、社会人になっても使える「一生もののスキル」を身につけていただきたいとの思いで講義をしました。

ビジネスに関する文書は、年齢やキャリアが上がれば上がるほど、また、会社での立場が上がれば上がるほど、身に着けていなければ苦戦する至ってパーソナルなスキルです。

それこそ、先日、とある企業の新社長が、「偉い人ほど直筆の手紙を書いているので、自分も手書きに挑戦している」と話されていましたが、まさに「文書を制するものは、ビジネスを制す」というのは、決して大袈裟な話ではないようです。

ましてや、就活生であればなおさらのこと、履歴書と共に企業へ発信する添え状や会社訪問や内定御礼などの礼状といった様々な文書は、まさに職活生のプレゼンテーションともいえる大事なツール。

各大学や専門学校が指導を徹底している中、礼を欠いたと言われない学生らしいスキルを習得し、自信をもって就職活動に臨んで欲しいものです。