ある代書屋の物語が、話題を呼んでいます。

この物語は、様々な依頼者の思いを伝える「手紙」を書く「代書屋」になった若い女性の話で、2017年度の本屋大賞にも選ばれているとのこと。

では、この物語が、なぜ多くの人々の心を惹きつけているのかというと、このデジタルの時代に、メールではなく、あえて手紙という手段で心を伝えるその「時代遅れのぬくもり」がその理由のようです。

確かに、ビジネスシーンでも手紙をはじめ、ペーバーレスは加速し、ビジネスメールの活用がビジネスの主流になりつつあります。

ところが、ビジネスメールで気になることの一つに、スキルの問題があります。

そもそも、ビジネスレベルの文章を書くためには、文書の基本である文書ならではのフレーズや日本語表現などを理解していなければなりません。

しかし、現実的にはそのスキルの欠如ゆえに、礼を欠いて人間関係をこじらせ、ビジネスにダメージを与えているということも多いようです。

「文は人なり」。

ビジネスパーソンにとって、コミュニケーションは重要なスキルである以上、やはり、文書に関するスキルアップは不可欠です。