公益財団法人さまが主催された「気がきく人のコミュニケーション術セミナー」の講師を務めました。

40名を超える方々が受講された本セミナーは、新入社員や若手社員を対象に開催されましたが、昨年に引き続き、受講者の約半数が管理職を務める方々。

さまざまなケースメソッドに取り組むグループワークでは、新入社員や若年層の皆さんが、課長や部長職、マネジメント層の方々と年齢や職種を超えて交流しながら、まさにコミュ二ケーションの実践力を養うセミナーとなりました。

本セミナーのテーマである「気がきく」とは、まさにものごとの先を読んだり、他者のために心を遣うことができる能力であると私は考えていますが、それはスキルだけでは完結しません。

本セミナーが、「気がきく」スキルを身につけていただくと共に、「気がきく」と言われる自分自身であるためには、何が大事なのかについても深めていただける機会となれば嬉しい限りです。

2016-11-11