女性管理職が増えることが、女性活躍推進だとは言いませんが、日本でもようやく様々な企業で、女性管理職登用や女性管理職の育成の取り組みが進み始めたようです。

とはいえ、ビジネスの現場は、圧倒的に男性社会。

ですから、男性社会のビジネスの現場に、後発でデビューしてリーダーとして働く女性は、まずは、男性の「仕事の流儀」を理解し、身につけることが重要です。 

例えば、事前に上司に報告していない案件をいきなり会議で提案してみたり、直属の上司に相談せずに、その一つ上の上司に了解を得て仕事を進めるというような男性社会のルールを無視した仕事の仕方は、多くの男性の驚きや怒りをかうだけでなく、自身の前途を塞ぐことにもつながりかねません。

もちろん、男性社会の「仕事の流儀」が全て正しいとは限らず、変革すべきこところが多いのも事実です。

しかし、「郷に入れば郷に従え」。

男性社会で女性が活躍するためには、ビジネス社会で、男性が築き上げた文化や慣行を理解し、一端すべてを受け入れるくらいの心意気がなければ、男性と同じ土俵に立つことは難しいといえます。

そして何より、郷の中で悪戦苦闘しながら、郷に従いつつ、「信頼関係」を築くことが、男性社会で女性の道をひらく「始めの一歩」となることを私たち女性は心しなければなりません。