地域に根差し、地域医療への貢献をめざす医療法人さまで、講演をしました。

今や医療機関も選ばれる時代を迎えていますので、医療技術は当然のことながら、医療以外の人的サービスの向上が求められます。

そこで、今回は、医療機関や医療従事者に求められるパートナーシップやコミュニケーションについて、1995年に厚生白書に登場した『「医療はサービス業である」明言』や2001年から始まった「‘様,呼称 導入問題」などを通してお話しをしました。

また、さまざまな患者に対応することを求められる医療従事者は、自分自身のモチベーションを保ち続けることが戦いでもあります。

そこで、人が人に接することが不可欠なホスピタリティ業界の事例などを通して、医療従事者のモチベーションをあげる具体的な仕組み作りについてもご紹介しました。

いずれにせよ、医療業界の果たす役割、使命は大きいものがあります。

病院という組織に属し、働く全てのスタッフが、患者を中心とした全ての利用者の声と、声なき声にまで耳を傾け、「価値共創」しながら、進化し続けることが重要です。

2016-9-15