現在、某社での新しい取り組みが進んでいます。
その取り組みとは、社内に働く全てのメンバーが、トップマネジメントが掲げたビジョンを共有し、仕事の質の向上をめざすというプロジェクトです。

そもそも、ビジョンとは「何のために」という企業のあり方を示す、「存在意義」ともいうべきものです。
そして、そのビジョンを実現するためには、全社員がこのビジョンに心を合わせ「協働」することが不可欠です。

ところが、このビジョンの共有は非常に難しく、毎日の朝礼で唱和したり、社内報に掲載するだけでは、その企業で働く一人ひとりの目的観や価値観を変えることは難しいといえます。

そこで、重要なのは、一方的な伝達や周知徹底ではなく、対話によるコミュニケーションを重ねながら「納得」と「共感」を導き出すという地道な取り組みです。
何度も繰り返すというのは、実に根気のいることですが、忍耐強く地道に取り組んでこそ、簡単には崩れない盤石な「協働」を実現することができるのです。