行政機関の職員の方を対象とした「エグゼクティブのスキルに学ぶ!ワンランク上のビジネスメール術」の講師を務めました。

今やコミュ二ケーションの手段として不可欠なビジネスメールに関しては、上司のチェツクを受けることもないため、完全に個人のもつ知識やスキルが、仕事の質を決めることになります。

特に昨今では、SNSの急速な発展により、長い間 手書きで縦書きが基本の「儀礼文書」をメールで送ることが多くなっているため、ビジネス文書に関する業務を担う秘書でなくても ある程度の知識やスキルを身につけることが必要となってきました。

ビジネスで成果を上げるためには、「強みを活かして貢献すること」が鉄則ですから、ビジネスパーソンとしては、「強みをさらに強化すること」に専念したいところですが、手持ちの資源だけで勝負していては、いずれ限界を迎えます。

そこで重要なのが、未来のための「新しい資源の開発」です。

新しい知識やスキルを身につけ、「自分自身の新しい資源を開発すること」は、現在の仕事の質や量を向上させるだけでなく、新しいキャリアをひらく「挑戦」でもあり、「投資」でもあるのです。

2016.7.6