老舗婦人靴専門店さまが、次世代を担う女性リーダーの育成をめざし開催された「ネクストリーダー養成講座」の講師を務めました。

現在、名実ともに、職場の中核として、後輩の指導を担当されている20代、30代の女性社員の代表が参加された本研修では、さらに接客力をあげるための秘訣や後輩指導術の極意について学んでいただきました。

先輩が後輩の育成にあたる際、どうしても自分の経験や価値観を後輩に押しつけ、自分と同じような人材を育てようとする傾向があります。

しかし、それでは、後輩は先輩以上の人材に育つことは難しく、その結果、組織内にイノベーションは起こらず、多様性をもって戦わなければならないダイバーシティの時代の企業競争に、打ち勝つことは困難です。

そこで、不可欠なのが「後輩を 自分以上の人材に」というマインドです。

育てる側に、この「意識改革」がなければ、企業の人材の流れは途絶えてしまいます。

「人材育成」は、育成される側の問題ではなく、育てる側の「志」が問われる偉業であることを世のリーダーは、ゆめゆめ忘れてはならないのです。

2016.5.26(1)