経済団体さまが主催された公開講座、「ビジネス基礎力 スキルアップ研修」の講師を務めました。

本研修は、新入社員やキャリアの浅い方々が、ビジネスの基礎を固め仕事のクオリティを上げることを目的に開催されましたが、想像以上に、中堅社員や管理職の方々にも多数ご参加いただきました。

新人研修といえば、通常数日から、長いところでは2カ月余りの時間をかけ、社会人としての心構えやビジネスの基本を徹底的に学ぶ企業が多いようです。

ところが、研修期間を経て現場に配属されてしばらくすると、職場の先輩や管理職の姿に失望し、研修の甲斐もむなしく、当初の志を忘れ、職場の雰囲気に流されてしまうという新入社員が多いのも事実です。

そこで重要なのが、新入社員と同じく、迎え入れる側の中堅社員や管理職が常に学び、成長し続けることです。

希望に燃えて、社会人としてのスタートを切った新入社員を失望させ、仕事に対するモチベーションを下げる原因になることがないよう、先輩社員や管理職である私たちのあり方が常に問われています。

2016.4.28