3月もこの時期になると、通常の業務に加え、年度末の追いこみや次年度の準備など、何かと慌ただしくなり、どうしても目の前の仕事に追われがちです。しかし、そのような時こそ、常に「何のため」という一点を考えながら、仕事に向き合う姿勢が重要です。

「何のため」...その一点を見失うと、決していい仕事をすることはできません。仕事をする以上は、その仕事は何のために、誰のために、どのような成果を出すことが最も価値的なのかを常に考え、全力を尽くすことが重要です。

そして、何よりも大事なことは、そのような仕事の積み重ねなくしては、仕事を託して下さったクライアントの「信頼」に応え、「信用」を得ることはできないということです。

「建設は一生 破壊は一瞬」と言う言葉がありますが、どのようなマーケティング手法を講じるよりも一つひとつ積み重ねた「信用」こそが、ビジネスの武器であり財産であることを私達ビジネスパーソンは、ゆめゆめ忘れてはならないのです。