銀行さまが主催された「仕事がはかどる!コミュ二ケーションスキルアップ講座」を担当しました。

そもそも、仕事がはかどるかどうかは「コミュ二ケーション」だけでなく、「タイムマネジメント」や「ボスマネジメント」など、いくつかの要因があげられます。とはいえ、やはり、コミュ二ケーションの果たす役割は非常に大きく、ビジネスシーンでは、相手に理解して欲しいことが、わかりやすく正確に、きちんと伝わるコミュニケーションが求められます。つまり、「伝える」ことと「伝わる」ことは、明らかに違う訳です。

ところが、今回の講座で印象的だったのは、受講者の方々に、コミュ二ケーションについての課題をうかがったところ、「なかなか伝わらない」「どうすれば相手にきちんと伝わるのか」という内容が、想像以上に多かったことです。その原因については、主に2つ考えられますが、今回の講座でご紹介した通り、まずは「話しの組み立て方」や「情報の整理の仕方」を学ぶことが重要です。

また、多くの部下にとって、仕事がはかどるかどうかは、オフィスの人間関係の中でも特に、「上司との関係性」が大きく影響します。なぜなら、仕事は「上司から始まり、上司に帰着する」からです。

いずれにせよ、「コミュ二ケーションの取り方」や「上司とのコミュニケーションのあり方」は、仕事に大きく影響しますので、一度は基本を学ぶと共に、自分のスキルを常に進化させ続けることが必要です。

2016.1.22