広告代理店時代が思い出されるようなテーマに懐かしさを感じ、ある講演会に出かけました。

そのテーマは、「ブランドとは何か?」「日本のブランド・コミュケーションの特徴と変遷」。

企業の「ブランド力」をあげるためには、商品開発、サービス向上、広告展開、PR、コミュンケーション活動など、さまざまな取り組みが重要ですが、それらを行う「人」を育てることなくしては、「ブランド力」はあがりません。

『 「仕事力」と「人間力」の高い 優秀な人材を育てることは、組織や企業における「コミュニケーション戦略」や「ブランディング」の強力な手段であり、新しい価値をもたらすものである。』

これは、私のホームページの「pro-sec」の欄に、私自身が書いた文章ですが、私の仕事は、「優秀な人材の育成を通して 企業のブランド力を向上させ、企業の発展に貢献する」こと。

いつの時代も「企業は人なり」。

人こそが一番大事な「ブランド」だと思っています。

2014.6.27B