今回の講演のテーマは、「社会人に求められる慶弔のマナー」。

慶弔に関する事柄は、もちろん「正しく形を整える」ことも大事ですが、それ以上に大事なのは「心をいかに形に表すか」であり、全ての根本は「相手を思う心」です。

だからこそ私は、若い皆さんにも この素晴らしい日本の知恵を学び、身につけ、受け継いで頂きたいと願っています。

講演終了後に主催者が回収されたフィードバックシートには、「日本の伝統の相手を思いやる慶弔を学ぶことができました。」

「自分のためでなく、相手のことを考えたマナーが大事だということがわかりました。日本人の心を学べる講演でした。」

「田中先生のお話しが聞けてすごく幸せでした。自分のためになることばかりだったので実践していきます。」

「素敵な女性になりたいです。」などのコメントが寄せられました。

近い将来、また 皆さんにおめにかかれることを楽しみにしています。

2014.5.28