この春は、「社長秘書」が登場するドラマが2本放送されていて、私も毎回、興味深く見ています。

「ルーズヴェルト・ゲーム(TBS)」には、精密機器メーカーの社長秘書が、「ブラック・プレジデント(CX)」には、アパレル企業の社長秘書が登場します。

業種やボスが違えば、社長秘書に求められる資質や仕事の内容もそれぞれですが、中でも興味深いのは、社長秘書が社長にスイーツをサーブするシーンです。

番組では、「秘書スイーツ」と題し、お薦めのスイーツを募集するというユニークな企画もあるようですが、スイーツは別として、どうやら巷では、お茶やコーヒーを 静々と社長に運ぶ姿が、女性秘書のイメージなのだそうです。

とはいえ、秘書の仕事も多様化している昨今、果たしてどれだけの秘書が、ドリンクやスイーツをボスにサーブしているかは定かではありませんが、ドラマを通して、秘書という職種や秘書の仕事が話題になるのであれば、それは嬉しい限りです。

写真(9)