「Pro-Secとは?」と同様、お尋ねが多いのが「直接補佐型秘書とは?」という質問です。

そこで「直接補佐型秘書」の前に、まず、国内における邦人企業の「秘書の種類と業務」についてご紹介します。

まず、日本国内における秘書は、「グループ秘書」か「個人付き秘書」か、または、「間接補佐型秘書」か「直接補佐型秘書」かという区分で分類されることが多いようです。

「間接補佐型秘書」とは、担当する上司の本来の業務には直接関わらず、主に総務系の事務や接遇を主な業務とし、間接的に上司や組織を補佐するため、「グループ秘書」がこれにあたります。

それに対して「直接補佐型秘書」は、間接的な業務に留まらず、社長特命事項や渉外などの業務も行い 担当する上司や組織の本来の業務を直接補佐するため、複数でない 特定の役職者に専任として就く「個人付き秘書」であることが多いと言われています。

さらには、議員秘書や秘書部長のように、一定の立場と権限をもつ「管理職」が「個人付き秘書」として その任にあたる場合などは、ボスのサポートというよりは ブレーンという意味合いが強くなります。

ただし、「個人付き秘書」であっても、邦人企業の女性秘書の場合は、重要な業務や対外的な業務は、どうしても男性秘書が担当することが多いため、実質的には、間接的な業務のみに従事する「間接補佐型秘書」というケースが多いようです。

このように「ボスを担当する形態」と「担当する業務」によって、「秘書」も十人十色です。