非常勤講師の任を拝している短期大学で、100名を超える1年生を対象に講演をしました。

講演の内容は、「非言語コミュニケーション」について。

この「非言語コミュンケーション」は、わかりやすくいうと、「挨拶・お辞儀・身だしなみ・立ち居振る舞い」などの言語を介さないコミュニケーションのことで、ビジネスの基本と言われています。

そして、もうひとつのビジネスの基本として、言語を介した「言語コミュニケーション」がありますが、これらは、一般的に「ビジネスマナー」と呼ばれています。

ですが、私は、これらの内容は、今やマナーという捉え方ではなく、仕事をする上で「人と人とがいかに関わり合うのか」という視点で捉えれば、「コミュニケーション」という切り口で展開する方がわかり易く、また、時代に即しているのではないかと考えています。

それはさておき、本日の「非言語コミュニケーション」の押さえどこは、①そもそもマナーとは?②挨拶&お辞儀のポイントは?③身だしなみのポイントは?④第一印象の重要性とそのポイントは?など盛りだくさん。

にも拘らず、新1年生の皆さんは非常に初々しく、また、熱心に耳を傾けて下さり、私も心洗われるような楽しい時間でした。

2014.4 (2)