本講座は、就職した後に 実際に必要なビジネスの基礎力を、短大に在学している間に、しっかりと身につけて頂くことを目的として開催されます。

多くの短期大学でも、就職を勝ち取るための様々な対策は、かなり手厚く行わているようですが、就職後に関しては、会社側が研修などでフォローするのが一般的で、短期大学が、積極的で実践的なこのような講座を実施するのは、ある意味 画期的です。

事実、企業が新卒者に求めるレベルは高いにも拘わらず、学生にとっては、社会人と学生の違いは非常に大きく、社会人として求められるレベルには到底及ばず、かといって、入社してから力をつけようというのでは、正直、間に合いません。

就職は、確かに「ゴールではなくスタート」なのですが、企業は「新人でも即戦力」を望む現状がある以上、「先手必勝」は重要な視点です。

また、在学中から、社会や仕事ついて、さまざまな情報を得たり、学ぶ機会を得ることは、間違いなく若い世代の「離職率」の低下にもつながると強く感じています。

2014.4.30